通勤はつらいよ。ベトナムでの通勤手段。

 

ベトナムの通勤。それは飲酒運転、逆走、信号無視は当たり前の世界。時には前を走るバイクからスイカが落ちてきたり、時にはメロンが落ちてきたり、リアルマリカーの世界を体験できることでしょう。今日はそんなカオスなベトナムの通勤に関してお話ししていきたいと思います。

 

 

ベトナムでの通勤手段

ベトナムでの通勤手段はいくつかあります。主には「車、バイク、電動バイク、自転車、タクシー、Grab、徒歩」です。それぞれの通勤手段についてそれぞれお話ししていきます。

 

近年増加傾向の車通勤

まず、車での通勤について。
ベトナムでは所得向上に伴って車で通勤する人も増えてきたそうで、首都のハノイに行った時はバイクよりも車が多い印象でした。ですがまだダナンではバイクが圧倒的に多いです。

 

 無免許OKなバイクでの通勤

これはベトナムで最もポピュラーな通勤方法ではないでしょうか。
日本とベトナムは国際運転免許証の条約を結んでいないので、仮に日本で免許を持っていてもベトナムで再取得せねばなりません。しかし、50cc以下のバイクであれば無免許でも乗っていいそうです。
現地のベトナム人ですらもバイクを乗っていて怖いと感じるそうなので、無免許でも乗れるからといって観光に来てレンタルバイクに乗るのはお勧めしません。先日、知り合いの日本人の方がダナンでレンタルしたバイクに乗っていて、そのバイクのブレーキが壊れていたらしく事故してしまいました。ベトナムではバイクを運転するのは極力控えた方が良いです。
無免許にも驚きましたが、バイクの飲酒運転が禁止されていないそうで、帰宅時(金・土曜日の夜は特に)は気をつけた方が良いです。通勤の際、必ずと行っていいほど救急車を見かけます。ベトナム国内の交通事故による損失額は年間約2450億円で、その額は国の教育分野予算の約3割、コメ輸出額の6割に相当するそうです。

 

電動バイク(モペッド)での通勤

これは日本ではあまり見かけないのですが、日本ではバイク扱いされていおり免許取得が必要だそうです。しかしベトナムでは自転車感覚で乗っている人が多く、小学生ぐらいの子供たちも電動バイク(モペッド)で通学しています。

 

自転車での通勤

ベトナムで自転車に乗っている人はあまり見かけません。実は私も最近自転車通勤を始めました。自転車は日本と違い、車道を走らなければいけないのでバイクがたくさん走る中、自転車に乗らなければなりません。ですが、交通ルールがあっても無いようなカオスな状態なので、むしろ快適に乗れます。でも気をぬいていると目の前のバイクがスイカを落としてきたりするので要注意です。

 

タクシーでの通勤

日本でタクシー通勤というとリッチな感じですが、初乗り20〜40円くらいです。毎日タクシーでも東京に住んでいた頃の往復の電車賃の半分ほど。ベトナムでタクシーに乗るなら、「マイリンタクシー」「ビナサンタクシー」のどちらかの方がいいです。それ以外はぼったくられることが多いので気をつけてください。

 

Grabでの通勤

Grabは以前こちらの記事でも紹介したように、今ベトナムでかなりシェアを取っている配車アプリです。最近はタクシー配車だけではなくデリバリーを始めるなど勢いを増しています。Grabはかなり安心な上に安いので(安全かどうかはノーコメント)、毎日Grabで通勤しても良いかと思います。

 

徒歩での通勤

徒歩で通勤する人はほとんどいません。私も自転車通勤の前は徒歩で通勤していたのですが、歩いてる人はほとんどいませんでした。ベトナムは野良犬がやたらと多いので、徒歩だとそれが怖いと思います。先日、通勤途中に野良犬に追いかけられ、かなり焦りました。身の危険を感じると、人間はいつも以上に能力を発揮するようで、ビーサンでも全力疾走で逃げ切ることができました。予防接種をしていない犬がほとんどで、狂犬病のリスクがあるので怖いですよね。
野良犬だけではなく、日本人にとっては道を横断する際も危険が伴います。現地の人から聞いた徒歩横断のコツは「ゆっくり渡る」「走らない」「運転手を睨む」だそうです(笑)

 

最後に。大気汚染が半端ないベトナム

東京に住んでた頃は、渋谷はうるさいし空気も悪いと思っていたのですが、そんな渋谷と比較対象にならないくらいベトナムは大気汚染レベルが半端ないです。気持ちのいい朝の通勤中の深呼吸なんてできません。日本に一時帰国した時、日本の空気が良すぎて驚きました。
通勤ピーク時にたった15分自転車に乗っただけでメガネが汚れます。これを毎日吸っているのかと思うと・・・・ゾッとします。実はベトナムの死因約10%が大気汚染によるものだそうです。これはもう深刻な社会問題です。
ベトナムに来る時はマスクを忘れないでくださいね。
Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です